TAKE MEASURES

対策できる課題

いたずら注文

FRAUD 03

ライバル企業からの嫌がらせや本望では無い形で退職された元従業員からのいたずら注文がある

いたずら注文

注文状況

日々の注文となんら変わらない注文。特徴となる傾向は見受けられず。

受け取り~アフターについて

ポスト投函の商品はそのまま配送完了。配達員経由であれば、全注文不在・宛名違い・受け取り拒否・空き家となっている。
後々調べてみると、夜のお店宛が大半であったり、空き家宛となっている。商品返送後、顧客へ電話してみるも、夜のお店の場合、コールは鳴るが受電される事はほぼないため、そのまま返送された商品を健康食品であれば再販不可となり廃棄となる。注文受注時点では全く特徴が出てこない為、商品の発送をせざるをえない。

不正対策で取れる対策

EC事業者に関しては、一度購入された方が個人情報を偽って(なりすまし)再度購入してきた際に、アラートメールにて検知し、発送自体行わない対応。
もしくは、再度購入時の入力確認画面にてサポートページへ遷移させ、WEBでの購入を完結させないリダイレクト機能にて対応可能。WEBでの購入を完結させない事により、広告費の改善も図れる為、マーケティングご担当者様のメリットにもつながります。